30代の女性喪服通販ショップランキングBEST3!

ブランノワール
ブランノワール

試着サービス:無料
15時までの注文で即日発送

入学式用のスーツやドレスを扱っているお店が多い中、 ブラックフォーマル専門店なので、品揃えや洗練さが違います。

礼服でもオシャレさを感じさせるブランドが揃っています。長い間着られて、しっかりした質の良い商品を選びたいあなたに。

マリクレールやマリオヴァレンティーノなどのブランドから、フォーマル専門の手作りブランドまで勢ぞろい。「大人かわいい」喪服が購入できます。

うれしいポイントは試着ができることと、プレゼントがついてくるところ。是非チェックする価値アリ!です。

ブランノワールの喪服

ビーギャラリー
ビーギャラリー

試着サービス:1,000円
15時までの注文で即日発送

ブラックフォーマルだけでなく、スーツやパーティドレス、ミセスフォーマルまであります。

ゆったりフォーマルやマタニティ対応の喪服もあるので、サイズで悩んでいる方にも。

喪服はオリジナルのものということで価格も安めです。デザイン的には30代~50代の落ち着いたミセス向きという感じ。

ティセ
ティセ

試着サービス:無料
15時までの注文で即日発送

喪服や卒業式のフォーマルスーツを販売。

ミセス向けの商品、大きいサイズの取り揃えは15号~23号まであります。

コンビニ決済以外の支払方法の場合は、お気軽ご試着サービスというのがあって、 購入したものを試着してみて、気に入らなければ3日以内に連絡すれば返金してもらえるというサービスです。

ネットという性質上、直接手にとれないのでうれしいサービスですね。

30代の女性の喪服ならブランド喪服がおすすめ!

30代の女性は、大人の落ち着いた雰囲気も出しながら、かわいさも出したい年齢ですよね。

そうなると、低価格な喪服は素材もさることながら、デザイン的にもみて間違えばオバサン臭くなってしまうので注意が必要。

また、30代になると喪服を着る機会もだんだん増えてくるので、 その場しのぎで安いものを買うよりも、長く着られるブランドものが良いです。

20代とは違って、見た目もよく、縫製がきちんとしたものを着たいですよね。喪服はそうそう買うものではなく、必要なときには着なければいけないものですので、 いいものを一着持っておくと安心できると思います。

デザイン性が高く、大人かわいいを目指すならブランド喪服がおすすめです。喪服に強いブランドがありますので、是非チェックしてみてくださいね。

30代レディースブランド喪服
大人かわいいブランド喪服が勢揃い

ブランド喪服っていっても、どこの喪服がおすすめ?といわれてもなかなかわかりづらいですよね。 ブランノワールというネット通販のお店は、喪服専門店なので、喪服に強いブランドが揃ってます。 バッグや小物もあるので、コーディネートしながら揃えても素敵ですね。
ブラックフォーマル専門店「ブランノワール」

30代の女性に人気の喪服ショップ『ブランノワール』おすすめの3つのポイント

POINT1
試着OKだからサイズやデザインに不安でも大丈夫
ネットではどうしても商品を直接手にとってみれないのがネック。 素材が思っていたものと違ったり、着てみたけどなんとなく気に入らない・・という場合もありえます。 そんな弱点を解消しているのが試着サービス。 商品到着後、3日以内であれば返金してくれるので安心ですね。
POINT2
喪服に強いブランドが揃ってます!

30代になれば、安物でも恥ずかしくない20代の頃とは違って質の良いものを持っておきたいもの。 やっぱりブランドものはデザインもちょっと普通のものとは違いますし、生地の質感も違います。 そんな人気のブランド喪服の品揃えが豊富です。

POINT3
翌日のお届けが可能です!

お葬式などの法要は、あまりあってはほしくないですが急にくることが多いと思います。 そんな時でも、翌日のお届けがOKなのでとりあえずは間に合いますよね。 もし気に入らなければ、3日以内であれば返金も可能なので安心して購入できると思います。

喪服を選ぶ時に大切なこと

ブラックフォーマルが必要な場面は突然やってきます。

私が初めてブラックフォーマルを購入したのは、祖父のお葬式の時で、その頃私は大学に通う学生でした。安く買える買い方などは全くわからず、売っている場所もよくわからなかったので、たぶん百貨店なら置いてあるだろうと思い、賃貸していたアパートから一番近い百貨店へ向かいました。

大学生の私に、百貨店の年配の女性店員はこう言いました。

「大きいサイズの方が長く着られますよ。サイズが大きければ中に重ね着などもできますから」

その言葉をすんなり信じて、いつもより1段階大きなサイズのブラックフォーマルを購入しました。ジャケットとワンピースでした。

雪国でのお葬式で、真冬だったので、重ね着ができるというのが便利そうと思って大きなサイズを買いましたが、実際に着てみて失敗したと思いました。

もともと、ブラックフォーマルって、体にぴったりなデザインにはできていないものが多いです。普段のサイズを着ても、デザイン的に余裕が持たせてあったりするもの。

中に薄いセーターを着ましたが、体が中で泳いでしまうほど大きかったのです。ワンピースのデザインがゆったりしていたので、なおさら大きく見えました。しかも、ジャケットの肩幅が合っていないとひときわ不格好で、私自身が小柄なこともあり、肩幅が異常に広く見えるのも恥ずかしかったです。

親戚が多く参列していて人目も多いのに、体に合わない喪服はとても恥ずかしかったのをよく覚えています。

それからしばらくブラックフォーマルが必要な場面は訪れず、数年経ってワンピースもジャケットもデザインが古く感じられてきたため、買い換えました。次はもちろん、普段のサイズと同じものを購入。

たぶん百貨店の店員さんは、購入してから太って体が大きくなってしまい、ブラックフォーマルが着られなくなる女性の例を多数見ていたのかもしれません。でもやっぱり、ブラックフォーマルも選ぶ時はまず「素敵に見えること」を大事にしなきゃと実感した出来事でした。

喪服を選ぶ時のポイント

高校を卒業し制服を手放した後、親戚に不幸があった時にブラックフォーマルが必要になりました。その時は社会人になって急を要する為に、母親のを借りました。

実際に自分用を買ったのは祖母が亡くなる時で、近くのスーツ店で購入しました。種類がたくさんあり、ワンピースタイプがいいのかパンツタイプがいいのか右も左も分からず経験のある母と、案内して下さった店員さんに見立てて貰いました。ワンピースタイプにしました。

その時、お世話になったのが洋服の青山さんでしたので、これからも洋服の青山さんで購入しようと考えております。一式用意するのに、何が必要なのか、どんな意味があるのか等、丁寧な説明を受けたからです。

その時の店員さんや、母のアドバイスも受け、自分なりに重視するとしたら、ヒップラインがゆったりしているかどうか、春夏秋冬対応出来る素材であるかどうか、年齢関係なく着れるデザインかどうかです。

最後にブラックフォーマルを持っていて助かった点なのですが、身の回りの急な葬式、通夜、告別式に呼ばれても、それを着て行ったり持っていける点ですね。

やはり社会人の女性として思うのは、ブラックフォーマルは必ず一着は持っておきたいものですね。

【喪服をネットで買うならココがおすすめです】
⇒大人かわいいブランド喪服 ブランノワール
⇒ゆったりサイズが豊富 ビーギャラリー
⇒価格が安めのお店 ティセ

▲ページトップに戻る